読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

響け!ユーフォニアム

f:id:ocya1cyacya:20160728100630j:plain


  • たまこラブストーリー

  • 響けユーフォニアム

  • <a class="keyword" href="http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B6%C1%A4%B1%A1%AA%A5%E6%A1%BC%A5%D5%A5%A9%A5%CB%A5%A2%A5%E0">響け!ユーフォニアム</a>



    京アニブランドの再構築

    久美子のマウスピースになりたいいいいいいいいいw

    響けユーフォニアム。うーん本作は感想に困りました。自分の場合大体何かしらの星的な、ここら辺書いていこうみたいなものが、結構浮かぶのですが、本作はそれが出てこなかった。というより特筆すべき項目より、多くの人による群青劇側面が強い印象で、全体的に高水準だった。

    京アニに期待する所として、私的には題材を一番期待します。何よりもこれまでの功績として、面白そうと思わせる素材を提供してくれる、それが京アニの印象です。まーそれをどう料理するかって所が、近年生かし切れてなかったわけで、本作は素材としては、けいおんを彷彿とさせる感じで、素材としてはグー。そして作画には定評がある。てな感じで、あとは中身になってくる。

    今回、京アニは勝負してきたな、というのが率直な感想。いわゆるアニメ的なあざとさとか、いわゆるアニメ的エンタメとか、そう言った要素を、可能な限りギリ楽しめる水準まで落とし、可能な限り独立したアニメーションを築きたかった、そんな気がします。京アニブランドの再構築的なw

    吹奏楽部としてリアルに魅せる為に、本作は色々とスポ根的厳しさや、部内にある確執みたいなノイズが、やたら多かった。原作の段階でこう決まっていたのでしょうから、これらノイズが引きになる要素になってくるのだろうな、と予測しましたが、それが予測ほど繋がってこなかった。

    勝手な印象なんすけど、何というかアニメの慣習の外にある、「何か」が本作は多かった。キャラクターにしても、久美子筆頭に、今までの典型をあまり感じられない造形で、セリフにしても棒だったり、仕草にしても、ペットボトルを一気飲みする場面時における、女っ気の無さw(いやそれが逆に良かったり)その割に可愛い所もあって、内股クオリティーは相変わらずだし、印象的な場面としては、秀一に対しての照れ拳コツンだったり、麗奈との異様な絡みは、変にやらしいし、少しの仕草でこんなにも違うんだなって所を魅せつけてきましたねw

    話としても予測出来ないというか、明暗の移り変わりが目まぐるしく、ミスペンス(緊張感のある引き)によって、次の曲が始まるのです!と言った文句も相まって、次話への期待度の上げ方は強い。

    麗奈のソロパートシーンにおける、香織先輩のアップ画or12話通してカタルシスの為に、ノイズがあったのかもしれないけれど、慣習めいた枠の外にある演出の、緊張感だったり、可愛さだったり、自然さだったりが、何よりも響け! ユーフォニアムにおける京アニブランド再構築と感じた次第でござります。